FC2ブログ

だから出来過ぎだって。

ヤクルト16-0中日

出来過ぎなゲームが続いている。昨日のゲーム後のブログ記事の最後にこんなことを書かせてもらった。
「この流れが明日も続くようであれば、今シーズン初めて中5日での登板となる石川に打線が大量援護をして、石川に勝ちを付けるという神懸った展開もあり得るのだろうか?」と。
あり得ないことだと思って記したのだが、あり得たのである。相手の先発小笠原の調子は前回抑え込まれてしまった時と遜色ないくらいの出来だと感じたため、このスコアは予想外である。それにしてもシーズン終盤戦の最初の山場と思われた10連戦を7勝3引き分けという驚異的な数字で凌ぎ、その最終戦で中5日の石川に通算177勝目となる白星が付き、村上、山田が大活躍するというヤクルトファンにとって「ドリームゲーム」とでも呼びたくなるような大勝となった。夢を見ているのではないか?と錯覚してしまうような日々が続いている。怖いくらいである。
しかしシーズンはまだ26試合も残っている。2位阪神とのゲーム差は0のままである。決して楽な展開になっている訳ではないことを忘れてはならない。

上記の通り、私は小笠原の立ち上がりを見て、今日も調子は良さそうだなと感じた。それでも2アウトから山田が粘って四球で出塁すると、続く村上が甘く入った初球のシュートを完璧に捉える先制2ランホームランを放ってみせた。昨日のゲームではロドリゲスの前に打線が沈黙し、今日の対戦相手小笠原には前回対戦時に抑え込まれていたため、普段以上に先制点が欲しいゲームで頼りになる4番がきっちり仕事をしてくれた。ここの所ヤクルトが初回に得点を奪うことが多くなっていると感じるのだが、特に村上の第1打席での集中力の高さは素晴らしい。今日のホームランに関しては、打球速度や角度を調べてもらいたくなるような豪快な一発となった。しかしこの時点でも、まだロースコアの展開に持ち込まなければ、今日の小笠原から得点を重ねることは難しいと感じていた。表情やマウンドでの仕草、打席、走塁時の積極性などを見ていると、精神的にも充実していることが伺えたからである。ところがヤクルト打線は思わぬところからチャンスを作り、大量得点に繋げてみせた。
3回に先頭の石川が追い込まれながらもちょこんと合わせるバッティングでヒットを放ち、出塁すると塩見が四球、青木がヒットで出塁し、0アウト満塁のチャンスを作ると続く山田が追い込まれながらもインコースのストレートを上手く捌き、打球はレフトポール際に飛び込む満塁ホームランとなった。石川も塩見も青木も山田も追い込まれながらも自分の仕事してくれた。山田のホームランに関しては、正直小笠原に追い込まれるまでの打席での反応を見ていると「やはり調子が悪いのかな?」と個人的には感じていたため、その中であれだけ厳しいインコースのボールを巧みに捌いたことに驚きを感じた。山田の技術の高さを垣間見る満塁ホームランとなった。結局山田は第3打席でタイムリーヒット、第4打席で特大の2ランホームランを放ち、3打数3安打2ホームラン7打点の大暴れとなった。
最終的には中日の元気のなさもあって、大量16得点となったのだが、その中でも主力を含めた各打者が最後まで雑にならなかったのが今後に繋がりそうである。引き分けを挟んでの8連勝は、どちらかというと投手陣の踏ん張りがあったからこその8連勝であり、打線は好調とは言いづらい部分もあるのだが、今日の最後まで雑にならない打席を見ていると、火曜日からのDeNA戦でも期待できると感じた。大量得点の次のゲームは得てして得点が奪えないものなのだが、個人的には今日の16得点によって打線の状態が上がってくるように感じている。10連戦を派手に締めくくる16得点となった。

石川は中5日での先発となったのだが、味方の大量援護にも恵まれて、6回を被安打5無四球の無失点で中日打線を抑え、久々の4勝目を上げてみせた。大量援護に恵まれたとはいえ、小笠原の立ち上がりも悪くなかっただけに、その中で3回まで中日打線をしっかり無失点で抑え、試合の流れを渡さなかったことが大きかった。打席でもヒットと送りバントで大量得点に貢献し、自らを楽にしてみせた。
それにしても後半戦になってからの石川の安定感は抜群である。ここ4試合は全て6イニングを投げ切り、QSを達成している。今シーズン全体を通しても12試合に先発し、半分以上の7試合でQSを達成しており、WHIP(1イニング辺りに何人の走者を出塁させたかを表す数値)は0.96という数字が残っている。勝ち星には恵まれておらず、年齢的にも多くの球数を投げるのは難しくなってはいるのだが、先発として十分戦えるだけの数字は残してくれている。今日のように中5日での起用など難しいシチュエーションでもしっかり準備をして、自分の投球に徹することが出来る石川は「ヤクルト史に残る大投手」である。

10連戦を7勝3引き分けで乗り越え、首位に立っているヤクルトだが、今後もタイトな日程を消化していかなければならない。今はあまりにもチームが上手く回り過ぎているように感じる。躓いたときにズルズルいかないことが大事になりそうである。1つ1つ丁寧に戦っていってもらいたい。

※10連戦を8勝2引き分けと表記してしまいましたが、7勝3引き分けだったため修正しました。

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

高橋奎二とジャリエル・ロドリゲス

ヤクルト0-0中日

高橋奎二とジャリエル・ロドリゲス。左右の違いはあるものの私の中では同じライン上にいる投手と言う印象がある。投げるボール自体は一級品だが、そのボールを安定的に投げることが出来ず、試合の中で崩れてしまう可能性が高い投手。半面ハマれば物凄い投球をする可能性がある投手。といったところだろうか?正直両者ともに素晴らしい投球を披露してくれる確率は決して高くはないのかな?と試合前には想像していたのだが、両投手がいい意味で裏切ってくれた。高橋もロドリゲスもマウンドを下りるまで素晴らしいボールを投げ続けたし、集中力が欠けることもなかった。24歳という若手投手同士の投げ合いは見応え十分だった。

高橋は、前回の巨人戦で味方の援護を守り切れずに、勝ちを逃してしまっていたのだが、今日はしっかり修正することが出来ていた。初回からストレートの走り、スライダー、チェンジアップ、カーブのキレともに抜群だったし、バッテリーを組んだ古賀の強気の組み立ても印象的だった。初回の大島にヒットを浴びた後のビシエドのセンターフライ、5回の2アウト2,3塁での京田のセンターフライくらいしかヒヤッとするシーンはなかった。味方打線が8回1アウトまでロドリゲスの前にノーヒットに抑え込まれてしまったのだが、高橋のピッチングも素晴らしかったため、打線がノーヒットに抑えられていても心理的には中日の方がよりプレッシャーを感じているように捉えることも出来るような試合展開となっていた。高橋が1点でも失っていれば、また全く違う心理状況になったと思うのだが、高橋がその1点を与えなかったことによって、ノーヒットでも流れが悪いという気持ちになることはなかった。素早い牽制でランナーを誘い出す場面もあるなど、8回1アウトまでノーヒットピッチングを披露したロドリゲスと同じくらい身体と気持ちがマッチした快投を見せてくれたと思う。

ロドリゲスに関しては、以前からストレートも変化球も素晴らしいものを持った投手という印象を持っており、何故結果に繋がらないのか不思議に感じていた投手である。今日も先頭打者の塩見を三振に斬って取ったスライダーのキレを見て、「素晴らしいボールを投げ込んでくるな。」と感じたのだが、その後もボールのキレは抜群だった。四球は6つ与えており、いつものロドリゲスだったら、こういったちょっとした綻びから崩れることが多いと思うのだが、今日はランナーを許した後も崩れなかった(もちろんヤクルト打線に工夫が足りなかった部分もあったのかもしれないが…)。
本当に思い切ったことを仕掛けるのであれば、7回の山田、村上の連続四球で作った0アウト1,2塁の場面でオスナに代えて荒木辺りを起用し、送らせた後で川端で勝負を掛けるような采配も面白かったかもしれないが、今はチームが引き分けを挟んで7連勝中であり、無理に動いて良い流れを失ってしまうリスクもあったため、普通に考えたらオスナのバットに期待するのがセオリーであり、間違った判断とは考えていない。プレッシャーの掛かる場面でもオスナ、坂口、川端に全く仕事をさせなかったロドリゲスを褒める他ない場面となった。8回には塩見にチーム初ヒットとなるレフト前ヒットが飛び出し、ノーヒットで抑え込まれることも阻止できたのだが、この一本を勝利に繋げることは出来なかった。

今日はとにかく高橋とロドリゲスという両先発の魅力的な投球に見入ってしまった(後を継いだヤクルトの清水、マクガフ、中日の祖父江、R.マルティネスももちろん素晴らしかったが…)。ヤクルトサイドからするとこの展開でも負けなかったという部分でチームの流れを切らなかったというプラスの要素が大きいゲームになったと思う。本当に「運」の要素を含めて出来過ぎな展開が続いている。この流れが明日も続くようであれば、今シーズン初めて中5日での登板となる石川に打線が大量援護をして、石川に勝ちを付けるという神懸った展開もあり得るのだろうか?出来るだけこの流れを維持したいものである。

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村







テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

もう一山に備えろ

ヤクルト3-0中日

高梨ー清水ーマクガフと繋いでの完封勝ちで引き分けを挟んで7連勝を達成し、貯金を16まで伸ばし、首位の座もキープした。「今」だけを切り取れば、このまま突っ走れるのではないか?という気持ちにもなってしまうのだが、数字上はまだまだ三つ巴の状況である。残り試合数はまだ28もある。必ずもう一山、二山あるはずである。その山場に備えていく必要がある。そういった意味では久々の1軍マウンドとなった高梨が結果を残したことはプラスに働く。

高梨ー中村のバッテリーは、シンプルな組み立てで中日打線を抑えていった。力のあるストレートをストライクゾーンへ、同じ角度から投げ込まれるフォークを低めに集め、中日打線に的を絞らせなかった。こういったシンプルな配球が出来たということは、ある程度高梨のボールが走っていたということなのだと思う。突然コントロールが乱れて、落ち着きをなくしてしまうこともなく、7回を無四球、無失点でまとめてみせた。
7月7日の登板以降、1軍のマウンドから遠ざかっていたのだが、久々の登板で好投できたという事実はチームにとっても高梨自身にとっても大きな出来事となった。これだけ1軍のマウンドから遠ざかってしまった理由は、高梨自身の状態の悪さもあったかと思うのだが、それだけではなく、いつの間にか先発陣が整備されていたという側面もあったと思われる。そう考えると高梨自身は、今日の登板は「背水の陣」と言ってもよいような状況だったのだが、そこで結果を残してみせた。タイトなスケジュールが続く中で、このタイミングで高梨が戻ってきてくれたことは非常にありがたいことである。
リリーフ陣は、8回清水、9回マクガフと3点のリードをきっちり守ってみせた。前日のゲームでは2人とも登板機会はなく、田口ー星のリレーで逃げ切ったのだが、その勝ちをしっかり活かす形で連勝を継続することが出来たところにチームとしての勢いを感じる。

打線は中日先発のエース大野に対して、3回に先頭の塩見が2ベースで出塁すると続く青木がセンター前へタイムリーヒットを放ち、先制点を奪うと1アウト後に村上がレフトスタンドに飛び込む2ランホームランを放ってみせた。結局この3点がモノをいう展開で勝利を収めることが出来た。おそらく青木、山田の状態はあまり良くないと感じるのだが、塩見の状態が上がっていること、そして何より4番に村上がどっしりと座ってくれていることが大きいと感じる。今日のホームランは大野の高めのストレートをレフトスタンドに運んだ一発であり、村上でなければ打てなかった一発と言っても過言ではない見事なホームランだった。2015年のリーグ優勝時には山田がトリプルスリーを達成し、スーパースターとして打線の核を担っていたのだが、今シーズンは村上が真の4番として君臨し、打線を引っ張ってくれている。優勝争いのプレッシャーは村上にとっては初めての経験のはずなのだが、そんなプレッシャーをもろともせずに結果を残し続ける姿は、プロ4年目の21歳とは思えない。こんなに頼りになる4番打者は中々現れないものである。

前日のゲームの記事にも書いたのだが、今のヤクルトは些か上手く行き過ぎている気がする。実力以上の結果が出ている状況ではないだろうか?この日のゲームでもピンチを上手い具合にダブルプレーで凌ぐ場面が2度あったし、打線も4回の3点以外は沈黙してしまった。ヤクルトファンとしては、このまま突っ走ってもらいたい気持ちが強いのだが、やはり実力的には阪神、巨人を明確に上回っているとは思えない。私はあくまでも無責任なファンであり、143連勝が理想なのだが、そうはいかないことはもちろん理解している。このまま優勝まで勝ち続けてほしいのだが、そうはいかないのである。必ず訪れるもう一山、二山に向けて、備え続けなければならない。

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村







テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

バンデンハーク退団へ

ヤクルトは22日、リック・バンデンハーク投手(36)のウェーバー公示手続きを行ったと発表した。
(日刊スポーツ引用)

過去記事はこちらから→「リック・バンデンハークを獲得
ヤクルトでは結果を残すことは出来なかったが、こういった補強は必要なものだと思う。NPBでの実績があり、コンディショニングさえ戻れば復活する可能性のある投手を6番目の外国人選手として獲得したというフロントの意図はしっかり伝わってきた。アルメンゴ(中日時代の登録名はジョーダン)を獲得した時と似ていると言えば似ているのだが、アルメンゴは全く登板することなく退団となってしまった。その失敗も踏まえた中でもバンデンハークを獲得するメリットがあるとフロントは考えたのだと思う。バンデンハークも怪我からの復活を期していたと思うのだが、状態が上がらず、往時の投球を披露することは出来なかった。投球スタイルはソフトバンクで活躍した頃と変わっていなかったのだが、最後まで球威が戻ってこなかったということなのだろう。
ヤクルトでは結果を残せなかったが、バンデンハーク自体はNPBで記録にも記憶にも残る活躍をしてくれた素晴らしい投手である。ヤクルトファンとしてはもちろん残念な気持ちはあるのだが、ヤクルトで結果を残せなかったからと言って過去の成績が色褪せることはない。短い期間だったが、ヤクルトのために戦ってくれたことに感謝したい。

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村







テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

サイスニードも西浦も高津采配も上手く行き過ぎていないか!?

ヤクルト4-2DeNA

サイスニードのパワーピッチも西浦のチャンスでの3ランも高津監督の選手の疲労度を考慮しながらの采配も上手く行き過ぎている。私は、サイスニードも西浦も引き分けを挟んで6連勝中のヤクルト自体もまだ信用しきれていない部分がある。「運」の要素も含め、たまたま勝ちが転がり込んできているようにも感じる。しかし長いペナントレースを戦う上でこういった時期があることが重要であることもまた事実である。シーズン終盤の最初の山場と思われた10連戦だが、ここまで5勝2引き分けで凌ぐことが出来ている。

先発のサイスニードは初回から自慢のパワーピッチでDeNA打線を抑え込んでみせた。先発でこれだけ力勝負が出来る投手は希少価値が高いため、先発ローテに居てくれると相手の目先を変えることも出来、ありがたい存在である。しかし前半戦から安定感に欠け、ボールが走っていると感じる日でも中々長いイニングを投げることが出来なかった。しかし今日は、初回から高めのストレートに威力があり、4回までDeNA打線をノーヒットに抑え込んでみせた。7回にオースティン、牧に2ベースヒットを浴び、1点を失ったものの、7回を投げ切り、被安打4、与四死球2の1失点と先発としての役割を十分に果たしてくれた。オリンピックでの中断を挟んでいこう、先発として安定感が出てきている。1か月間の中断期間中に上手く調整が出来たということなのだろうか?高めのストレートを多投出来る時は調子が良い時であることは間違いなさそうである。
サイスニードが7回まで投げてくれたこともあり、リリーフ陣は8回田口、9回星と2人の起用のみで抑えることが出来た。おそらくマクガフの登板はないと思っていたため、9回は星に託す可能性はあると思っていたのだが、高津監督は8回も清水や今野ではなく、田口を起用して乗り切ってみせた。高津采配の冴えを感じるとともに田口、星も今野や清水に劣らない力は持っていることを示してくれたのではないだろうか?
田口に関しては、個人的には先発タイプだと感じているのだが、短いイニングで全力で腕を振る投球も様になっている。この辺りは流石に巨人で先発、リリーフ両面で起用されていた投手だけのことはあるな。と感じさせてくれる。配置転換直後からしっかりリリーフ仕様の投球に切り替えることが出来ている。数字以上に今シーズンのヤクルトの躍進に貢献してくれていると感じる。
田口にしろ星にしろ今後もリリーフとして役割が固定されない中での起用が続くと思われるのだが、今日のゲームを田口ー星のリレーで逃げ切れたという実績が今後に繋がってくるはずである。高津監督をはじめとする首脳陣もリリーフ起用の選択肢が増えたと認識しているのではないだろうか?

打線は、昨日のゲームで負傷交代したサンタナに代わって2番ライトで山崎を起用するとともに、青木も休ませ、8番レフトで坂口も起用してきた。サンタナのスタメン落ちはある程度予想されていたのだが、同時に青木も休ませる辺りが高津監督らしい。高津監督は1年目から選手のコンディショニングには非常に気を使っている様子がある。休みも与えながら出来るだけ良いコンディションでゲームに臨むことを重要視しているのだろう。
それにしてもサウスポーの石田が先発というシチュエーションで左の山崎、坂口を起用してきたことには驚いた。おそらくデータを活用した中で左打者の山崎、坂口を起用したと思うのだが、高津監督の選手の起用法は本当にブレないものを感じさせてくれる。おそらく主力の休養についてもそれに伴う選手の起用についてもしっかりとした意図、根拠があることを感じさせてくれる。その部分がチーム内でしっかり共有されているのではないだろうか?
そんな試合で大仕事をやってのけたのは、7番ショートで起用された西浦だった。4回に村上の2ベースとオスナの四球で作った2アウト1,2塁のチャンスでカウント2-0から石田がストライクを取りに来たストレートを完璧に捉える先制3ランホームランを放ってみせた。西浦のパンチ力はよく知られている所なのだが、安定的に数字を残せないという課題があり、未だにレギュラーに定着することが出来ていない。しかし今日の一発に関しては、完全に狙いすましての一発であり、相手バッテリーの配球を読み切ってのスイングだったように感じる。相手バッテリーとの駆け引きに勝利しての3ランホームランということで内容のある打席になったのではないだろうか?1点を返された後の8回には山田にもホームランが飛び出し、DeNAに傾きかけた流れを引き戻してみせた。

本物の強さがあるか?と聞かれればおそらく答えは「NO」となると思うのだが、優勝争いに身を置く中でチームの一体感が強くなってきていることは感じさせてくれる。おそらく今は上手く行き過ぎている部分もあると感じるのだが、こういう時だからこそ勢いを大切にして戦ってもらいたい。日々状況は変化し続けるはずである。勝てるゲームをしっかり勝ち切りたい。

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村







テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
14位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

FIYS

Author:FIYS
ヤクルトスワローズのことを中心に自分が興味のあることを書いていきたいと思います。
H27年3月29日スワローズ検定2級取得!
H28年3月25日スワローズ検定1級取得!

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログで報酬
おすすめ商品

別冊野球小僧 2011ドラフト総決算号 (白夜ムック)

新品価格
¥1,300から
(2011/11/14 23:39時点)

週刊ベースボールプラス6 国鉄からヤクルトスワローズ 2011年 11/1号 [雑誌]

中古価格
¥1,599から
(2011/10/16 14:29時点)

グラゼニ(2) (モーニングKC)

新品価格
¥580から
(2011/10/16 14:30時点)

つば九郎のおなか

中古価格
¥3,103から
(2011/9/30 16:38時点)

東京ヤクルトスワローズ40年史―1969-2009 ツバメの記憶 (B・B MOOK 610 スポーツシリーズ NO. 483)

中古価格
¥889から
(2011/9/30 16:39時点)

プロ野球スカウトの眼はすべて「節穴」である (双葉新書)

新品価格
¥840から
(2011/9/30 16:40時点)

熱闘!日本シリーズ 1992 西武-ヤクルト [DVD]

新品価格
¥3,382から
(2011/9/30 16:43時点)

熱闘!日本シリーズ 1993 ヤクルト-西武 [DVD]

新品価格
¥3,382から
(2011/9/30 16:43時点)

(仮)不滅の歴史 甦る!ヤクルト・アトムズ~東京ヤクルトスワローズ [DVD]

新品価格
¥3,164から
(2011/9/30 16:44時点)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR